アルベルゴ・ディフーゾ (大阪と都市イノベーション(その5))

「市街地創造論」の中で毎回(隔年)とりあげている「オガール紫波(しわ)」に関連して、最初の施設「オガールプラザ」の設計にかかわった松永安光氏が『世界の地方創生』という本を出している(学芸出版社、2017刊)のを知りました。この本の副題が「辺境のスタートアップたち」。もしこの副題がなければ興味も3分の1くらいだったと思いますが、「この本を読めば、オガールプラザのような、その地方の特色に合った「建築」や「まちづくり」のヒントが詰まっているに違いない」と思い、さっそく注文。

すぐに届いたので読んでみると、タイトルや副題どおりの味わい深い本でした。特に、最後は「建築」にこだわりつつもそれを単体として活かすばかりでなく地域創生や近隣活性化、地域観光にもさまざまなアプローチ・テーマでつなげている。扱っている地域はアルプス地方からはじまりイタリアの村や集落、ピレネー南麓、ポルトガルのリスボンやポルト、ダブリン、グラスゴー、フィンランドをめぐり、台北・台南など台湾に戻ってきます。

 

なかでも印象に残ったのが標題のアルベルゴ・ディフーゾ。日本語で言うと、「アルベルゴ」が「ホテル」、「ディフーゾ」が「分散」なので「分散型ホテル」。イメージをくっつけると、街中に分散し融合した小さなホテル群。紹介されているのは「街中」といっても有名でもなく、それどころか空き家だらけの廃村のような場所も含まれる。そのようなところに入り込んでいって、メインとなる(決して大きくはない)レセプション兼食堂のようなものをつくる。そして次々と周囲の建物も小さなホテルにしていく。「アルベルゴ・ディフーゾ」となるためには建物内部をよくするだけでなく、屋外にも「住民と交流可能な」オープンスペースをつくり、分散といっても全体が200メートル以内にあることが条件となる。

事例はいわゆる「成功物語」というより「それぞれの」物語。つい、明日にでも行ってみようかと思えてきます。そして、「行ってみよう」というより「やってみよう」とも思わせる。取り組んでいる人たちの個性や思いや仲間とのチームワーク。

 

ふと、大阪西九条にある「世界ホテル」を思い出しました。「SEKAI HOTEL」「セカイホテル」と書いたほうがよいでしょう。木造建物が密集する駅からほど近い一角、それこそ「全体が200メートル以内に」、「受付棟」「ホテル1」「ホテル2」などがディフーゾしていて、まさに「アルベルゴ・ディフーゾ」です。同じ規模、同じデザインのホテルは1つもなく、コンバージョンに次ぐコンバージョンでどんどんディフーゾしている。

ある意味西九条自体が「ディフーゾ」状態といってもよいくらい民泊が集中し、街が徐々にトランスフォームしている。

イタリア語と英語が混じってしまいましたが、「辺境」であれ「大都市のど真ん中」であれ「ディフーゾ」が動的に展開するとき、きっとその街はワクワクする「何か」を発信するのでしょう。

  

『Beyond MaaS』

今週の「都市マネジメント」でモネテクノロジーズの取り組みをお聞きする機会があり、「Maas」の概念が大きく覆されました。正確にいうと、「MaaS」が単にさまざまなニーズにこたえてお客様がスムーズに移動できるということだけではビジネスにならず手がけようとする事業者が出てきづらい。そこで、、、と展開されたそのあとの話に引き付けられたわけですが、あとで振り返ってみると、実は、1か月前に標題の図書を読んでいた。「読んでいた」とはいえ、そのときはスー~ッと頭を通り過ぎ、要点をつかんでいなかった。

 

けれどもモネテクノロジーズの話を聞いて、「もしかすると」と再度この本を見てみると、はじめて「Beyond」の意味が、この本に込められた未来を切り開こうとする意味が理解できました。今まで「MaaS」だと思っていたのは実は本書でいう「MaaS基本機能」「Deep MaaS」の領域であって、「Beyond Maas」=「異業種との連携、まちづくりや社会課題の解決」こそが(交通プロパーの専門分野以外の者にとっても)取り組むべき新たな領域であると。

 

コロナウイルス禍により「在宅勤務」などの壮大な社会実験を1か月以上にわたって経験できた結果(普通の社会実験だとさまざまな制約のため2~3日、せいぜい2週間くらいしかできない)、「これだけ土地利用が変わると、土地利用に付随して生み出されるモビリティもまったく変わるし都市そのものが変わる」(2つ前の記事)と感じるようになったところに「Beyond MaaS」をもってくると、さまざまな地域で、さまざまな「都市イノベーション・next」が一斉に開花しそうな予感がします。

 

『Beyond MaaS』。日経BP2020.3.9刊。副題は、「日本から始まる新モビリティ革命 移動と都市の未来」。

 

『デジタル国富論』

おとといの読売新聞の書評でこの本のことが紹介されていたので、すぐにA社に注文するとすぐ届きました。速い! 野村総合研究所会長兼所長此本臣吾監修、東洋経済新報社2020.4.9刊。

さて、重要な事項を扱っていると思われる本書ですが、全体のまとまりとして何を打ち出そうとしているのか少々理解しにくい面もあったので、ここでは「こんな風に読みました」との形で紹介させていただきます。あくまで「都市イノベーション・next」的に。

 

第一.これまで本ブログでもたびたび出てくるように、「GDP」という尺度だけを目標としていたのでは社会が豊かにならない。というより、本書的にいえば、「GDP」という測定方法に欠陥があるだけであって、実態としての「生活満足度」は上昇している。(がゆえにそんなに悲観的にならなくてよい。)

第二.しかし本書の内容は「無形資産化」のような経済学の方向には向かわず、第一であげたように、事実として「(国別平均値としての)生活満足度」が上昇しているのだから、その上昇分が何によるのかをつきとめようとの方向に向かう。

第三.本書ではその正体を「消費者余剰」の増大に着目する。この対概念が「生産者余剰」なのだが、生産者の利益が出てサービスが提供されてもなお大きな消費者余剰が生じているので消費者はとても満足する。たとえばネット利用の効用。

第四.なぜそんな大きな消費者余剰が出るかというと、ビッグデータの活用にある。(消費者と思っている当事者がネットを使うことで、実は膨大な情報を生み出している。つまり情報の生産者になっている。)

第五.一方、ポスト「GDP」の指標については近年あまた提案されており、本書でも2つ提案する。ただし、概念としてよいと思うのは「Well-being」である。これは受け身的・静的な「幸福度」とは異なり、動的な「良く生きている」という概念である。(ブータンのGNHもこれに近い。)

第六.近年、「aaS」化が多くの分野で重視されている。MaaSがその例だが、これは個別の製品やサービスの評価ではなく、それぞれの人間にとっての効用の高さを評価することである(第2章および第3~5章)。そして、効用の高さという点で、さきほどの第三点目の消費者余剰とつながる。

第七.ただし本書で議論できているのはあくまで経済的効用なので、本当の意味の「Well-being」になっているかどうかの判断には慎重でなければならないと自重しています。

 

骨格はこのような感じだと思いますが、人口十万人の都市がこうした政策をとりやすいなどの各論(第7章)は次元が異なるので少し横に置いておきます。

 

あくまで「デジタル」に限定した実践的・工学的視点の「国富論」が中心ととらえました。逆にいうと、格差問題(企業間の格差/労働者の格差)などの社会経済的な現実面は扱わず、都市そのものがもつ余剰を生み出す力などは扱わず、プライバシー問題もとりあえずは対象外としたときの「デジタル」「国富」の実態と実践的可能性を整理した書ととらえました。

一方、この新型コロナウイルスによる「新たな日常」により現実は大きく「デジタル化」に向かいそうです。今朝の朝刊では4~6月期の日本のGDPの喪失が(年に換算して)約20パーセントになりそうだと予測しています。500兆の20%は100兆(国民1人当たり年間100万円消費しなくなった額)。この損失分の多くを「デジタル」で国富化できるかが問われています。

  

「日常」の変化と都市の土地利用の大転換?

昨日、A社に注文しておいたホワイトボードが届いたのでテレビ会議(zoomなど)用に設置すると、ほぼ、「ホームオフィス」が完成しました。午前の博士課程ゼミにもフル活用でき、リアル会議にかなり近づいてきました。この40日間で本当のオフィスには1度しか行っておらず、今後の40日間もそれくらいかもしれない。デパートや家具店は無くても、すべてネット注文。本屋も要らず(既にほとんど行かなくなっていた)、「日常」がまったく違ってしまっている。こんな状態がずっと続くと都市はどうなるか。

 

昨日の日経「企業」面に出ていた「テレワーク 行き場提供」との見出しの記事にも刺激されつつ、「都市イノベーション・next」的に「未来」を少し考えてみます。

 

この記事によると、テレワークをすることになったが家には居場所がなく(ここで新規マンションやリノベーションで住居をホームオフィス化する動き)、一方でホテルやカラオケ店が部屋をアレンジして貸し出している。(ここではあえて大げさ目にいうと)このところ建てれば埋まっていたホテルの需要は今後も落ち込み、余った資金をどのような不動産開発・管理運営に回すかが問われる。ある調査では、4月10~12日時点で正社員のテレワーク実施率は東京都内に限ると49.1%だった。また、「新型コロナ禍が収束した後もテレワークを続けたい」という人が53.2%いた。

仮に本当にそうなったとすると、オフィスは半分いらなくなり、逆に、「家」に付随した「オフィス機能」がその分だけ必要になる。今は「行き場をなくした人が増えている」(当記事)が、そうしたニーズが大規模に発生し、「「家」に付随した「オフィス機能」」を反映して、「家」そのもののつくりが大きく変わり、「集合住宅」という概念・建て方自体が多様化する。さらにそれは「家」関連にとどまらず、当面は「ホテルやカラオケ店が部屋をアレンジして貸し出して」いたビジネスそのものが大量かつ多様に新しい都市機能・土地利用として出現する。一方で既に(従来型の)「書店」というものも形骸化しており、デパートも(既に専門店へのフロア貸し不動産業化しているが)さらに大きく転換。

これだけ土地利用が変わると、土地利用に付随して生み出されるモビリティもまったく変わるし都市そのものが変わる。

もう1つ重要なこと。「オフィスは半分いらなくなり」だったら、「オフィスワーカー」も半分なくなり、東京に住んでわざわざ長距離通勤する必要もなくなる。首都圏あたりでもっと自然に囲まれて生活してもよいし、子どもの広い意味での教育なども考えて地方などに移住してもよい。仕事はテレワークで継続でき、たま~に東京に行くこともあるかもしれないけれど、あくまで本拠は地方。

 

「ホテル 平日格安プラン」「カラオケ店 2480円で30日間」と書かれたその記事や、「日常」の変化について少しばかり考えた本記事は、5年後、10年後にどう見えることになるでしょうか。

 

「発明は必要の母である」(『銃・病原菌・鉄(上)(下)』)

「技術の進歩が速かった大陸と、遅かった大陸があるのはなぜか?」について、科学技術史家はこれまで14の説明をしてきたとし、それを分類しつつ吟味したうえ、「こうした表面的な説明では、究極の疑問に答えることができない」(下p78)と一蹴。それに対して持論を展開していく、といったスタイルで(以上は第13章)、文字の発生・普及についても(第12章)、病原菌が人類に及ぼした影響についても(第11章)、進化生物学・生物地理学・人類学の観点から「1万3000年にわたる人類史の謎」(←これが本書の日本語訳の副題になっている)に迫っていくのは、ジャレド・ダイアモンド著『銃・病原菌・鉄(上)(下)』(草思社文庫、2012刊)。タイトルも表紙も暗い雰囲気でこれまで敬遠していたのですが、コロナウイルス関連のつもりで読むことになりました。

 

そのつもりで読んでみると、病原菌を扱った第11章も確かにおもしろかったのですが、そこに書かれた情報自体はある意味既に知っていたこと。「病原菌は、農業が実践されるようになってとてつもない繁殖環境を維持したといえる。しかし、病原菌にもっと素晴らしい幸運をもたらしたのが都市の台頭だった」(上p377)とのくだりには、ゾッとさせられるものがありますが、、、

 

しかし本書がおもしろいのは、狭い専門性を超えて「1万3000年にわたる人類史の謎」に、著者独特の(ユーモアも感じさせられる)きわめて論理的な(論理的にみえる)歴史上にみられる知見の操作によって、全体を貫く法則のようなものに近づこうとする態度です。標題の「発明は必要の母である」とのタイトルを論じる第13章も、一見「逆でしょ」(ふつうは「必要は発明の母」)と思う「世界の常識」を打ち破る著者ならではの論述が披露され、「そう言われればそうかもしれない」と、いつの間にか思うようになります。

 

端的にいえば本書は、1500年を境に西洋文明が世界を席巻したのはなぜか、という多くの人がだいたいのことは知っている(と思っている)ことに対して、「しかしなぜピサロがインカ帝国を滅ぼしたのか、逆にインカ帝国がスペインを滅ぼしに行かなかったのか」という(ほかの人だったらしない)問答を、歴史をどんどんさかのぼりながら、「言語」「技術」「病原菌」などの要素に分けて論じていき、ついには最後に、「人類の長い歴史が大陸ごとに異なるのは、それぞれの大陸に居住した人びとが生まれつき異なっていたからではなく、それぞれの大陸ごとに環境が異なっていたからである」(下p365)との結論にたどりつく、との壮大な内容です。

このような壮大な物語を「都市イノベーション・next」に入れることに躊躇しなくもないですが、「世界の都市と都市計画」の背景にある大きな基盤のようなものととらえて組み込みます。「都市イノベーション」の通算455話となります。

 

 

 

羽沢フィールド(その2)

羽沢横浜国大駅が開業(2019.11.30)してから5か月強。

先日の学生主催イベント(zoom上)で「羽沢で地域活動をするにはどうしたらよいか?」「そもそも何も変わらないように見えるがどうなっているのか?」と問われました。

特に、大学に入学はしたもののようやく本日から授業がはじまり、しかしながら大学はコロナウイルス対応で入構できず授業といっても遠隔授業という1年生には、上記会話自体が何のことかもわからない状態と想像されます。

 

そこで、そのイベント時に用意した「羽沢横浜国大駅のこれからの4年のイメージ」という図を「羽沢フィールド(その2)」としてアップします。今年入学した1年生が4年後に卒業するまでのイメージを図化したものです。あくまで「イメージ」で、予定・想定されていることは変動する可能性もあります。

駅開業関係の情報も少し追加してみます。

f:id:tkmzoo:20200507072602j:plain

■書かれている内容

 ・矢印の方向に向かって、駅機能の進化・増強。

 ・下段に、帯状に駅前開発のイメージ。

 ・★印はイベント関係。「開業イベント」を除きまったくのイメージ。

 ・「連携関係」を表す△印が右にいくほど大きくなる。

 

■これまでの羽沢横浜国大駅関連記事

 ・羽沢フィールド 

 ・ハザコクフェスタ(11月30日の羽沢横浜国大駅開業イベント)ご案内 

 ・「羽沢横浜国大駅」とまちづくり 

 ・「【公開講座】羽沢横浜国大駅開業を契機とした地域と大学のさらなる連携強化」(10月12日(土)は台風により延期⇒11月24日(日)に) 

 

 

(大学院向け)「都市マネジメント」が5月13日にスタートします。

すべて遠隔授業となった春学期。

民間の第一線の講師陣による「都市マネジメント」が5月13日にはじまります。

遠隔ならではの特長が活かせるよう、準備も整ってきました。

日程は以下の通り。「都市イノベーション・next」の取り組み例がぎっしり詰まっています!

f:id:tkmzoo:20200506094059j:plain

ポスト・コロナ社会の新ビジョン【2020.5.19更新】

「緊急事態宣言」の扱いにも変化がみられ、「新しい生活様式」のような対症療法も、そのうち忘れられて「日常」が戻ってくるのかもしれません。

けれども2020年2月頃から経験した(している)新型コロナウイルスの経験は、これからの都市を考えるうえで重大な課題を提起するとともに、「ポスト・コロナ社会の新ビジョン」を構想する契機ともなっています。

ポスト・コロナ社会の新ビジョン」を構想するこのページは、今後も更新していきます。また、ブログ右帯の「リンク」から入れるようにします。この事態そのものは早期に落ち着くことを祈りつつ。

 

■考え方、ビジョン

カオスに立ち向かうために : 『レジリエンス あらゆるシステムの破綻と回復を分けるものは何か』再読 (2020.3.31)

『反脆弱性 不確実な世界を生き延びる唯一の考え方』 (2020.4.21)

『大災害の時代 未来の国難に備えて』 (2020.3.2)

 

■新しい都市像・都市ビジョン、社会経済システム

「日常」の変化と都市の土地利用の大転換? (2020.5.15)

エール:「検証『2050 日本復活』」を2020年に検証する (2020.4.2)

Sidewalk Labs(グーグル関連企業)の開発基本計画(トロント市)の行方 

  (2020.4.24)

 

『無形資産が経済を支配する 資本のない資本主義の正体』

 (2020.4.23)

『デジタル国富論』 2020.5.19

 

ゴーストレストラン  (2019.8.26)

ラストワンマイル/ファーストワンマイル  (2019.9.17)

Foyles at 107 (2014.6.10)   

 

■その他

「デジタル・スイス5」  (2020.4.30)